グルコサミンアクティブの成分や機能性と効果

グルコサミンアクティブとは

「グルコサミンアクティブ」は、サントリーウエルネスのひざ関節サプリです。
原料の厳選から、管理の行き届いた製造工程まで、すべてサントリー品質をクリアし、安心ポイントとなっています。
グルコサミンアクティブは、グルコサン・コンドロイチンのWの軟骨成分を配合。
さらに、独自のいたわり成分・ケルセチンプラスも配合し、これら3成分の組み合わせで、機能性表示食品の認定を受けています。
グルコサミンアクティブは、タブレット状のサプリで、1日あたり6粒で目安摂取量をクリアできます。
はじめて購入した人の内、約80%が定期購入「定期お届けコース」を選んだとあり、関節サプリは高く評価されています。

 

グルコサミンアクティブは機能性表示食品

 

サントリーウエルネス「グルコサミンアクティブ」は、グルコサミン、コンドロイチン、ケルセチンプラスの配合が特徴的です。この3成分の組み合わせが評価され、機能性表示食品のお墨付きを得ています。
グルコサミンアクティブが機能性表示食品に認められたのは、ひざ関節サプリとして日本発の快挙です。グルコサミンとコンドロイチンの組み合わせは超定番ですが、サントリーは関節痛の緩和にケルセチンプラスも配合したのがミソです。
グルコサミンアクティブが機能性表示食品に認められた背景に、ひざ関節への効果実証に「JOAスコア判定」を採用したことも大きかったようです。医薬品に近い厳格な検査は、安心の証でもあります。

 

グルコサミンアクティブの効果

 

サントリーウエルネス「グルコサミンアクティブ」は、ひざ関節のケアに効果が期待できるサプリです。グルコサミン、コンドロイチンに、独自成分ケルセチンプラスも配合したことで、効果が実感しやすくなったようです。
グルコサミンアクティブはサプリなので、効果の出方には個人差が大きいのも事実です。2週間程度で効果が実感できたケースもありますが、多くの口コミから1ヵ月程度は続ける必要はありそうです。
グルコサミンアクティブの効果について、約96%が満足したとあり上質なサプリといえます。累計販売本数は2000万本を超え、はじめて使った人の約80%が定期購入を選んだほどの大人気ひざ関節サプリなのです。

 

グルコサミンだけでは足りない?

 

ひざ関節ケアは、グルコサミンだけでは足りないことが経験的に明らかなっています。
グルコサミンに何をプラスすればよいか研究が進められ、サプリ開発に活かされています。
関節痛の改善は、グルコサミンだけでは足りないなら、ほかに何が必要か、最有力候補としてコンドロイチンがあげられます。
今日では「グルコサンアクティブ」以外にもグルコサミンサプリの多くにコンドロイチンが添加されるようになり、足りない分を補っています。
グルコサミンだけでは足りないとしたら、コンドロイチンも含むムコ多糖を摂ることも効果的です。ムコ多糖は山いもなどの食品に多く含まれる成分で、甲殻類アレルギーがある人でもムコ多糖で代用できます。

 

グルコサミンアクティブに配合されたケルセチンプラス

 

「グルコサミンアクティブ」に配合のケルセチンプラスは、植物由来のポリフェノールの一種です。ケルセチンには強力な抗酸化作用がありますが、ケルセチンプラスはさらにパワーアップされた抗酸化成分なのです。
ケルセチンプラスは、グルコサミンアクティブに「いたわり成分」として配合されています。高い抗酸化作用による、関節痛の緩和効果を見込んでの配合です。
サントリーウエルネスは、ケルセチンプラス、グルコサミン、コンドロイチンの組み合わせで特許を取得し、機能性表示食品の認定を受けたサプリでもあります。国際学会などで盛んに情報発信し、サントリーいち押しのエイジングケア成分として評判を高めています。

 

グルコサミンアクティブに配合されたコンドロイチン

 

「グルコサミンアクティブ」に配合のコンドロイチンは、グルコサミン同様、軟骨成分として知られています。そもそもこの成分名は、ギリシャ語の「軟骨の元」を意味する「コンドロス」に由来しているのです。
コンドロイチンは、成長期は体内で盛んに生成されますが、加齢で生成速度が落ちていきます。関節症にかんする研究から、グルコサミンサプリはコンドロイチンを併用することで、効果がアップすることが報告されています。
コンドロイチンは、フカヒレ、ウナギ、鶏の皮、牛や豚の軟骨といった、動物性食品に多く含まれています。ただ、食べ物だけで必要量を摂るのは難しいので、サプリで足りない分を補う人が多いのが現状です。

 

グルコサミンアクティブに配合されたコラーゲン

 

「グルコサミンアクティブ」に配合のコラーゲンは、骨や軟骨の形成にきわめて重要な働きをする成分です。コラーゲンはI型・II型あわせ、人体のたんぱく質の30%を占め、血管の弾力性や免疫力アップにも貢献しています。
コラーゲンは、動物性食品に多く含まれる成分です。コラーゲン豊富な食材として、鶏の手羽が代表的ですが、フカヒレや魚の皮にも多く含まれています。
なおコラーゲンは、食べ物やサプリで摂取しても、ほかのたんぱく質と同様、体内でいったん分解されてから再合成されます。近年の研究から、軟骨再生にはコラーゲン再生を促進するビタミンCもいっしょに摂ると効果的であることも明らかになっています。

 

page top